主婦におすすめのお小遣い稼ぎ術3選!家事育児のスキマ時間に出来る方法を紹介!

The following two tabs change content below.
ChiKa

ChiKa

2歳と6歳の姉妹の母親をやっています。毎日姉妹に翻弄されていますが、ナイスなおかんを目指して日々頑張っております。趣味は人間観察ですが、その姿をよく知り合いに観察されています…ちょっとマヌケですが、宜しくお願いします。

ママテク(@mamateku)ライターのChiKaです。

育休中の人や、ご家庭の考え方によって外に働きに出られない人も多いと思いますが、

自分の自由になるお金(お小遣い)、欲しいなぁ。
と考えることもあるでしょう。

旦那さんから生活費を受け取っていても、それは家族のためのお金であり、自分だけのために使うのって何だか気が引けますよね…。

家計の中から最低限の被服費や身だしなみに使う予算は作れても、オシャレをメインとしたものにお金を使うのはためらってしまうはず。

また、たまには本やネイルなど趣味のものにもお金をかけたいなんて思いもありますよね…

何をするにも大なり小なりお金はかかるので、少しでもいいからお小遣いを!と思うママは多いことでしょう。

でも現実は働きに行くのは難しく、子供のお昼寝姿を眺めては

この1、2時間だけでも働けたらなぁ…
とため息ばかりついてしまう毎日。

せめて身が空いた時間だけでも「お金になるようなこと」がしたいと思い描くことは誰にでもあると思います。

今回はそんなママのために、スキマ時間を使ってできるお小遣い稼ぎについて、お伝えしていきたいと思います!

スキマ時間でお小遣い…キーワードは「ネット」!

冒頭でもお話したように、主婦だって自分のお小遣いが欲しいものです。

独身時代なら自分の稼いだお金は自分だけのために使うことが出来たでしょう。

ですが、結婚して子供が出来るとそういうわけにはいきません。

【スポンサードサーチ】

家計を守る主婦としては、自分のために好きに使えるお金ってほとんどありませんよね…

ウインドウショッピングで納得できたり、お金がかからない別のもので代用できたりするものだったらいいのですが、全てがそうではありません。

ときには、しがらみなく欲しいものをサクッと買いたいですよね。

そんな「自分のためのお金がない」という主婦でも、実はお小遣い程度のお金なら「ネット」の環境が整っていれば稼ぐことができます。

スキマ時間にスマホから少しずつ作業するだけで、お小遣いが稼げるなんて理想的ですよね。

ですが

ネットでお金稼ぎなんて…怪しくない?
詐欺に遭ったら怖い!
と思っている人もいることかと思います。

ネットでのお小遣い稼ぎは、報酬をくれる相手方と顔を合わせることがないのが基本なので、色々と想像して不安になってしまうものです。

確かにネットでの怪しいものはたくさんありますが、少額でも確かにお金を稼げる方法はあります。

ちなみに、私や私の周囲も実際にネットでお金を稼ぐことができています。

次の章では、比較的よく知られている方法や、「こんなのあったんだ!」という方法まで、ネットでのお小遣い稼ぎの方法をご紹介していきたいと思います。

家事育児のスキマ時間にできるお小遣い稼ぎ術3つをご紹介!

ここでは、家事や育児のスキマ時間にできるお小遣い稼ぎ術3つをご紹介していきます!

スキマ時間を有効活用したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

フリマアプリ

結婚して子供が産まれてから家の整理をすると、色んなものが出てきますよね。

独身時代や子供が産まれる前に着ていた服やバッグも、今の自分のライフスタイルに合わなくなってしまって、そのままタンスの肥やしになっているものも多いことでしょう。

『処分したいけど、それなりにいい値段したし、思い入れもあるし…』と何となく捨てづらい人は「フリマアプリ」を利用してみてはどうでしょうか?

フリマアプリは、今や主婦にとっては不用品を処分できる上にお金も手に入る定番のお小遣い稼ぎツールです。

ですが、不用品の出品だけでは継続的に安定したお小遣い稼ぎをすることはできません。
売り尽くしてしまえばそこまでですものなね…(売れるような不用品がたくさんある人は別として)

ですが、フリマアプリの使い方は不用品の出品だけではありません。

「自分が作ったハンドメイドのもの」も出品することができるのです!

ハンドメイドの暖かみが溢れる感じが好き、同じものが2つとないオンリーワンのものが好きだという人からハンドメイド商品はとても愛されています。

  • 不用品はないけど、アクセサリー作りが得意だ
  • 裁縫が好きだから、それを活かしたい
という人にはピッタリでしょう。

お小遣い稼ぎができるのはもちろん、自分が心を込めて作ったものに買い手が付くのはとても嬉しいことですよね(^^)

私のママ友はハンドメイドが大好きで、メルカリやラクマによく出品しています。

スキマ時間に趣味を兼ねて作っていたハンドメイド品が溜まってきたので、処分も兼ねて「売ってみようかな」と思うようになったそうです。

売ることでお金が入れば、それを材料費に充ててまたハンドメイドを楽しむことが出来る!
と思い、いそいそとフリマアプリに登録したママ友。

最初の頃は1週間何も売れないということはザラだったそうですが、今ではコンスタントに売り上げることができるようになり、固定のファンがいるほどになっています。

ちなみにママ友曰く、ハンドメイドを売るポイントは「写真」とのことでした…!

商品の全体がわかる写真以外にも、その商品が魅力的に見える写真を載せることで売り上げが左右されることがあるそうです。

ママ友は商品の写真を撮る際は、商品のイメージによってクロスを変えたり、バックの装飾にこだわったり、撮影場所を変えていました(せいぜい家の庭程度で、無理のない範囲)

写真がよく撮れた商品は早いうちに買い手が付くそうで、お客さんの満足度も高いようです。

ChiKa
せっかく手作りをするのであれば、売るところまでしっかりとこだわってお小遣いを稼いじゃいましょう!
メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

アンケートモニターサイト

テレビなどのメディアで紹介されることもある「アンケートモニターサイト」

サイト上でちょっとしたアンケートに答えたり、サンプル商品のモニターをしたりすることで報酬(謝礼)を得るものです。

スマホさえあれば自分の好きなときに、自分の好きなぶんだけ利用することができるので、子育て中でスキマ時間を有効活用したいと思っているママから人気の高いお小遣い稼ぎです。

ですが、かなりお手軽なだけに

  • アンケートに答えるだけでいいの?それだけで謝礼がもらえるの?
  • サンプル商品は買い取りじゃないよね?
  • 後から強引な商品の売り付けとか来ないよね?
と疑問や不安を抱く人も多いでしょうが、その心配は御無用です!

アンケートモニターサイトにアンケート調査を依頼するのはほとんどが一般企業になります。

企業は、新たな商品の企画や開発のために

  • 消費者たちは今どんなものに興味があるのか
  • 世間はどんなものを欲しがっているか
などを知りたがっており、その結果を新商品の企画や開発の参考にしたいのです。

そのため、アンケートに回答したり商品をモニタリングして感想を伝えるだけでも十分価値があり、謝礼を受けとることができるのです。

相手は「消費者の忌憚のない意見や感想」が欲しいのですから、謝礼はあっても無理な商品の押し売りなどはありません。

ただ、敢えて言うのであればアンケートモニターサイトは「少額しか稼げない」ということです。

依頼の中には、会場調査や現地調査など家から飛び出して調査するような謝礼が高額な案件もありますが、コチラは競争率が高い上に「育児や家事のスキマ時間に稼ぎたい」という基本のスタンスから外れてしまうので、ここでは度外視します。

そして単純にアンケート回答だけだと、1ヶ月に2,000円前後しか稼げないというのが実情です。

お手軽な分、バックも少なめというのはごく普通のこととも言えるので仕方ありません。

コツコツやるのが好きな人で、長いスパンで考えるのが苦手でない人におすすめと言えるでしょう。

報酬の出所は怪しいものではないので「簡単にお金が稼げるなんておかしい!」と思った人も、安心してアンケートモニターサイトでお小遣い稼ぎをしても大丈夫ですよ(^^)

…とはいえ、サイト選びはとても重要です。

大手のアンケートサイトである「マクロミル」や「InfoQ」「ライフメディア」であればまず心配はいらないのですが、なかには個人情報の管理が甘かったりなど、何処かに落とし穴がある場合もあります。

アンケートモニター初心者の人は、ここでご紹介した大手3つのどれか(または兼用して)始めることをおすすめします。

クラウドソーシング

近年、主婦の間で注目されている在宅ワークに「クラウドソーシング」というものがあります。

クラウドソーシングとは、インターネットを介して仕事の発注や受注をするスタイルの在宅ワークです。

クラウドソーシングを利用している人の中には、月に1万円から2万円ほどのお小遣いを稼いでいる人もいれば、本業としてウン十万稼ぐ人もおり、案件の難易度やクラウドソーシングにかけられる時間によって収入は大きく前後します。

気になる仕事内容ですが、発注されている仕事は実に様々で、デザインやイラストの作成、Webサイトの作成、翻訳、ライティングなど多岐に渡ります。

その中でも比較的とっかかりやすいのが「ライティング」でしょう。

ライティングとは、クライアントの求めるテーマに添って記事を書くものなのですが、多くの人が「ライティングなんてしたことない…」「文才ないから…」と諦めてしまうことがあります。

ですが、ライティングのなかには

  • 出産の体験談
  • 子育てに関するエピソード

など、まさに子育てママにドンピシャなテーマがたくさんあります!

また、趣味を持っている人ならその趣味に合ったテーマのものを探せばいくらでもライティング案件はあります。

文章力は書いているうちにいずれ身に付いていくものです。

文才よりもネタを持っているという方が大事なので、「やったことないから」「文才ないから」と諦めず、まずは応募してみることが大事です。

これからクラウドソーシングで仕事を始めようという人は、大手と言われる「ランサーズ」「クラウドワークス」「シュフティ」の3社の中から選んで登録することをおすすめします。

募集している仕事内容は大手3社に大きな差はありませんが、シュフティが他の2社よりもやや単価が安めかなとか個人的には思います。

ちなみに私も3年ほど前からクラウンソーシングを利用してライティングをしています。

最初のころは「タスク形式」というものをいくつかこなし、慣れてきたら「プロジェクト形式」を中心に作業するようになりました。

タスクという形式はテーマや文字数、その他記事を作成する上での条件(記事中に必ず入れてほしいキーワードや、文の口調は「ですます」調でなど)、募集する記事数などをクライアントがあらかじめ設定しているものです。

事前の応募や審査はないのでクライアントと直接やりとりすることはなく、タスクが公開されたタイミングから誰でも自由に参加できるので、気軽に作業することができます。

募集しているタスクに自分が書けそうなものがあれば執筆を即開始することができ、文字数もあまり多くない(300文字程度のものから1500文字くらいのものがほとんど)ので、ライティング初心者の人にはおすすめです。

ただし、書きやすいテーマのタスクには募集が殺到しやすいため、早々にクライアントの募集記事数に到達して締め切られてしまいます。

まずはタスクから始めたいという人は、定期的にタスクの募集をチェックしておくようにしましょう。

そしてプロジェクトというのは、クライアントと受注者(自分)が1対1で向かい合うタイプの形式になります。

タスクは募集されているお題を見て執筆→提出で完了ですが、プロジェクトは「こうしてはどうだろうか?」と自分から提案してみたり、「こんなことは書けますか?」とクライアントに相談されたりしながら進めていきます。

文字数も難易度もタスクよりも数段アップしますが、長期的なお付き合いを前提としていることが多いので、継続的に収入を期待することができます。

ライティングが自分に合っていて、継続的にお小遣い稼ぎをしたいと思うのであれば、プロジェクト形式で依頼を取ってくるのがおすすめです。

「あくまでお小遣い稼ぎ」を肝に銘じておくように

ここまでは、家事や育児のスキマ時間でできるお小遣い稼ぎについてをお伝えしてきました。

旦那さんの稼ぎで生活が出来ていても、自分のためだけに気兼ねなく使えるお小遣いがあると嬉しくなりますよね。

子供のお世話が中心の生活で、家での生活がメインになる主婦にとっては、ネットでお遣い稼ぎができるというのはホントにありがたいものです。

どんどん作業をしてできるだけ多くお小遣いが欲しいですよね。

ですが、ネットでのお小遣い稼ぎには十分注意する必要があります。

この記事でご紹介したサイトはしっかりした会社が運営元ですし、実際にお小遣いを稼げている人も大勢いますが、中には「モンスター利用者」や「怪しい依頼」があるのも事実なのです。

例えば、フリマアプリで出品したものを買ってくれた人がクセのある人で何かと難癖をつけてきたり。

クラウドソーシングで「誰でもカンタンに月●●万円稼げる!」という募集を見つけて応募したら怪しげなライティングを求められたりなど、厄介なトラブルに巻き込まれる恐れがないとは言い切れません。

自分が出品したものを買いたいという人がいたら嬉しくてすぐに受け入れてしまう気持ちも、おいしい話があったら乗っかってみたい気持ちも、両方ともホントによくわかります。

ですが「警戒する気持ち」だけは決して失わないようにしましょう。

また「ちょっとしたスキマ時間で出来る」ということは「収入もそれ相応の額(少額)」になるのは仕方がないということもよく理解しておきましょう。

毎日モニターアンケートサイトで活動しているけどなかなか換金できるまでにならない、クラウドソーシングでタスクをこなしているけどあまりお金にならないなど、思うように稼げなくてヤキモキしてしまうかもしれません。

そんなときに「もっと!」という気持ちを出すと、最初は「スキマ時間に…」と思っていた作業が日常生活を侵し始めたり、怪しい案件に引っかかったりとトラブルに繋がっていってしまうものです。

そんなことにならないためにも、「スキマ時間で稼げるのは、あくまでお小遣い程度」ということをよく肝に銘じておくようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

子育て主婦だって、自分の好きなものは欲しいし、誰に気にすることなく使えるお金が欲しいですよね。

大金は望まないから、スキマ時間を使ってせめてお小遣い程度のお金を稼ぎたいという人は

  • フリマアプリで不用品や手作り品を売る
  • アンケートモニターサイトでポイント稼ぎ
  • クラウドソーシングのライティングをこなす
などすることをおすすめします。

ChiKa
売れるような不用品もなく、手作りも苦手な私はクラウドソーシングを利用していますが、効率よくお小遣い稼ぎが出来ていますよ(^^)

また、ネットを使ったお小遣い稼ぎをするときは「取引相手や仕事は見極める」「あくまでお小遣い稼ぎ」などをよく肝に銘じておくようにしましょう。

厄介なトラブルから身を守るためにも、警戒しすぎるくらいがちょうどいいです。

これらをしっかりと押さえておけば、今すぐにでもお小遣い稼ぎをスタートさせることができるので、スキマ時間を有効活用して自分のためのお金を稼いじゃいましょう☆

【前編】子育てをしながら在宅ワークを目指す!~仕事内容・役に立つスキル編~

2018年11月9日

主婦でも出来る在宅ワーク「クラウドソーシング」って?あと少し収入が増えれば…と感じている人におすすめ。

2018年8月25日

【体験談】フリーランスで働くママの1日はこんな感じ!子育てと両立する上でのメリット・デメリットまとめてみました

2018年4月8日

教育資金どう貯める?@sabu_1985さんに学ぶ「年間200万超えの家計改善術」!

2018年11月19日