子連れ(3歳児)でUSJデビュー!利用したアトラクション、レストランなどの感想をレポート!

The following two tabs change content below.
はーまま

はーまま

2015年10月に全前置胎盤の危機を乗り越え男の子を出産しました。 現在は専業主婦をしながら育児の合間にライティングのお仕事をしています。 育児は楽しいことも山ほどありますが、悩みやストレスもつきものです。 どんなことに喜びを感じるのか、悩みの解決法などありのままの情報を発信していきたいと思います。

ママテク(@mamateku)ライターのはーままです。

子供も大人も楽しめるテーマパークは全国にたくさんありますよね。

ユニバーサルスタジオジャパン、このテーマパークはほとんどの人が知っている人気上位のテーマパークです(以後USJと呼びます)

我が家は子供の3歳の誕生日祝いを兼ねて、1泊2日のUSJデビュー&大阪観光をしてきました!

子供を連れてのUSJの感想は…
【とにかく大変!!】この一言です。

今回の旅行でこんな点が大変だった!ここはおすすめ!旅行スケジュールなどを交えてレポートしたいと思います。

USJ行きを前日に決めた理由

我が家は愛知県にあります。

ちょっとした日帰り旅行はこまめに行っていましたが、泊まりの旅行は久しぶり。

10月に3歳の誕生日を迎えた子供のために、USJに行けたらいいねという話が出ていました。

夫とも相談をして、11月3日、4日の祝日(土曜日)と日曜日の2日間で行くことに決定。

出発を決めたのは前日。ホテルの手配をしたのも前日でした。

旅行の出発を前日に決めたのには理由がありました。

【スポンサードサーチ】

車に長時間乗っていられるか

我が家がある愛知県から大阪まで、スムーズにいって2時間半ほどかかります。

渋滞に巻き込まれた場合、それ以上時間がかかることも想定出来ました。

子供がそんな長時間車に乗っていられるのか、途中でグズグズなる可能性も十分に考えられたので、正直どうしようか迷いました。

しかし、子供が興味を持った映画のDVDを借りてきて見せることでこの問題は解決しました。

ただ、車内で子供にDVDを見せると、寝てくれなくなる可能性が高いです。

現地に到着して移動に疲れきって寝てしまうという事態にならないように、見せ方に注意する必要があるかもしれません。

気温の予想がしにくい

11月の初めは、暖かい日、寒い日、その日によって大きく気温差があります。

天気が良ければ日中薄手のシャツでも過ごせますが、少しでも天気が悪いと凍えるほど寒いです。

USJは近くに海があるので、寒いときには半端ない寒さだとも聞いています。

前日まで待って、晴天であれば行く、曇りや雨が降りそうであれば断念するつもりでいました。

大人であれば、最悪雨が降ってもカッパを着たり、傘をさして我慢することはできますが、子供の場合はおそらく嫌がってしまうでしょう。

天気や気温は、旅行を決定するとても重要な判断材料ですよね。

熱が出る可能性が高い

子供ってなぜか旅行の日や直前になって熱が出るんですよね。

我が子も用事がある時に限って熱を出した経験がたくさんあります。

なので、出来るならば旅行の決行は子供の体調次第でギリギリに決めたい。子供が万全な体調で行けるように…と思いました。

我が子の場合、いつも熱が出るときには決まって2~3日前から食欲が一気に落ちます。

前日にはしっかりと食事が摂れていたので、旅行の出発を決めました。

USJに向けて出発!

11月3日のUSJのオープン予定時間は8時半でした。

時期や混雑状況によってオープン時間を早めることがあるようです。

オープン前に到着出来れば理想ですが、今回は子連れということもあってこの点は断念。
ゆっくり到着すれば良いだろうと思い、自宅を出たのが6時ごろでした。

子供はぐっすりと寝ていたので、着替えや歯磨きもせず、パジャマのままで出発。

起きたときに着替え、歯磨きが出来るように準備をしていきました。

私たちと同じ時間に無理やり起こすことも考えましたが、そうするとおそらく眠たくてグズグズしてしまいますし、チャイルドシートに乗らない可能性もあります。

眠ったままでいれば多少移動距離を稼ぐことも出来ますので、あえて起こさず出発しました。

愛知県から大阪に入るまでは祝日であっても特に目立った渋滞はありませんでした。

しかし、道路上にユニバーサルシティの青看板が見えるころになると、突然交通量が増えて渋滞するようになります。

渋滞車両の向かう先は…やはりUSJ。

ナビが無くても、前の車についていけば目的地まで着くだろう、そんな状態です。

ただ、ユニバーサルシティ出口を出ると、それほど激しい渋滞に巻き込まれることはありませんでした。

スタッフが渋滞しないようにうまく交通整備をしてくれていました。

USJ付近到着…が駐車場が満車!

USJ付近に到着したのが9時ごろでした。

予定よりも早く到着したので、当然園内の駐車場に止められるものだと思いましたが、残念ながらこれは出来ず…。

既に園内の駐車場は満車で、園外の桜島第4駐車場への案内がありました。

この案内は、道路の途中で案内をされるのではなく、一度園内の駐車場に入ってから案内チラシを貰います。

園内の駐車場に一度入る→桜島第4駐車場へ案内と二度手間で、わざわざ園内に案内をさせる必要があるのか?と思いましたが、これも近隣の渋滞緩和のためなのかもしれませんね。

桜島第4駐車場は、桜島駅のちょうど対面に位置しています。

立体駐車場なので雨が降っても安心です。

駐車場代はUSJ園内の駐車場代と同じ3,500円です。

USJの入り口までは大人がゆっくり歩くと10分~15分くらいかかるのでは、という感じです。

道自体はそれほど複雑な順路ではありませんが、少しだけ坂道があります。

そして、階段やエレベーターを使って上昇しなくてはいけない場所もあります。

我が家はベビーカーを持参していきましたので、駐車場から入り口までは子供はベビーカーへ座らせておきました。

子供のペースに合わせて歩くともう少し時間がかかりますし、交通量が多い道の横を歩くので急に走ったりすると危ないかなと思いました。

チケット売り場に到着!

チケット売り場につくと、スタッフの案内に従ってチケットを購入します。

USJのチケットは事前に購入することも出来るらしく、そうすればだいぶ時短になりますね。

チケットは、ワンデーパスポートで大人が7,900円、子供は3歳なのでチケットの購入は必要ありませんでした(子供は4歳から11歳までが有料です)

ここで私が初めて知ったのが、パスポートの値段は一律ではなく、入場日によって価格が変動するということです。

チケット自体も結構なお値段がかかるので、気になる場合には事前にチケット価格を調べていくと安心ですね。

今回は大人二人分だけで良かったのですが、子供のチケットが人数分必要になる場合には、行く日をしっかり検討したほうが良さそうです。

いざUSJへ入場!!

チケットを購入後は早速入場します。

私たちが実際にして便利だったことや、アトラクションなどについて感想やおすすめポイントをまとめていきますね。

荷物はコインロッカーに預けると便利!

園内に入ると、一番最初にあるお店の右手側にコインロッカーがあります。

ここにはすぐに使わないような荷物を預けておくことをおすすめします。

私たちは、夜寒くなった時のためにコートやマフラーなどの防寒着を持参していましたが、日中は暖かそうだったので、寒くなる時間帯までコインロッカーに預けておきました。

コインロッカーは小さいタイプで、一回400円くらいだったと思います。

最初に向かったのがミニオンパーク!ここで問題発生。

我が家が最初に向かったのがミニオンパークでした。

子供がミニオン好きだったのと、一番込み合うエリアだと聞いていたので、早い段階でアトラクションに乗ってしまおうと考えました。

小さな子供が乗れるアトラクションはいくつかありますが、規定の年齢や身長をクリアしている必要があります。

その際にポイントになるのが92cm、102cmを超えているのかどうかという点。

我が子は先日3歳児検診を受けたときに、計測した身長が93cmというギリギリラインだったので、とても緊張しました。

92cmで乗れるアトラクションがミニオン・ハチャメチャ・アイスです。

https://www.usj.co.jp/attraction/minion-freeze-ray-sliders.html

車のような乗り物にのってグルグルと移動するコーヒーカップのような乗り物ですが、これを乗るためには最初に92cmの身長がクリア出来ているか入り口でチェックします。

背中と頭を固定させる、いわゆる普通の身長を計測するスタイルなので、何ら問題なく出来るものだと思っていました。

しかし、我が子はこれを断固として拒否!!

嫌だ嫌だと言う姿にこちらも徐々にイライラが募り…。

「頑張ろ~、すぐ終わるよ~」など声掛けをしてくれましたが、それでも嫌の一点張り。

これをクリアしないことには絶対に乗り物に乗れないので、私たちも必死になって体を押さえて無理やり計測させようとしました。

が…。
この身長計測、実はとてもチェックが厳しいのです。

足や頭が少しでも曲がっていると計測はしてくれません。

身長が足りない状態で乗り物にのってしまうと、事故が起こってしまう原因にもなりますからね。

ピンっと体をしっかりと伸ばして、顎を引いた状態で確実に92cmをクリア出来ていればOK!

お菓子やジュースでご機嫌を取りながらなんとかクリア出来ました。

92cmのクリアが出来ると、手の甲に目印として判子を押してもらえます。

この判子を押してもらえれば、ほかの身長制限がある乗り物も手を見せて乗ることが出来ます。

大失敗だったかもと思った瞬間

ミニオン・ハチャメチャ・アイスを無事に乗り終えて、次はどこへいこうかと移動しようとした瞬間、周囲の状況がまったく違うことに気が付きました。

身長計測で必死になっていた時とは全く違う人の多さです。

お土産やさんの中に入りたいと言う我が子ですが、とてもじゃありません。

人が多すぎて店内に入れず、迷子になる可能性大。
どこを見ても人人人。

土日だとは分かっていましたし、大人気なハロウィン自体は過ぎているから、むしろ穴場の連休かなと思っていました。

しかし…その考えは甘かったようです。

ハロウィンは10月31日で日にち的には過ぎていたものの、仮装イベントはまだ終わっておらず、むしろ終了間際で激込みでした。

大人だけであれば、待ち時間があったとしてもなんとか我慢出来ますが、3歳の子供連れとなると過酷そのものです。

我が子のUSJデビューは、日にち選びの面では正直失敗だったかなと感じました。

子供に乗り物やショーなどをしっかりと楽しませてあげたいなら、連休は絶対に避けるべきかもしれません。

お昼ご飯はロストワールドレストランで

正午が近くなると、どのレストランも行列をなしていました。

唯一待ち時間が少なそうだったのが、ジュラシックパークエリアにあるディスカバリードレストランです。

お店の外に多少列は出来ていましたが、常に列が動いていたので回転は速いのかもしれません。

店内にはいるとすぐに大きな恐竜の模型があり、男の子はとても喜ぶのではないでしょうか。

ある時間になると、リアルな恐竜が店内に現れるイベントもあるようですよ。

私達が注文したのは、大人用にコリアンBBQライスセット(1,690円)、子供用には探検隊ジュニア・セット(1,200円)です。

コリアンBBQライスセットの内容は…

  • BBQ味のお肉
  • ナムル
  • オニオンリング
  • タンドリーライス
  • ソフトドリンク
どれも美味しかったです。子供とシェアしても大丈夫な味だと思います。

子供が食べた探検隊ジュニア・セットの内容は…

  • スコッチエッグ
  • カレーライス
  • チキン
  • プチトマト
  • ブロッコリー
  • デザート
  • オレンジドリンク
でした。

このセットは11歳までの子供を対象としているメニューなので、それなりに量があります。

3歳児には少し多くて食べきれませんでした。

息子はなんでもパクパク食べる方ですが、半分も食べれていなかったので、このセットを注文する際には家族とシェアすることを想定したほうがいいかもしれません。

ユニバーサルワンダーランドへ

ゆっくりと昼食をとってからは、子供向けの乗り物がたくさんあるエリア「ユニバーサルワンダーランド」へ行きました。

このエリアは小さな子供向けなので、3歳でも十分に楽しめそうな乗り物がたくさんありました。

このエリアには【よやくのり】というチケットを発券して待ち時間を短縮するというサービスがあります。

ディズニーランドで言うファストパスのようなものですね。

小さい子供連れで何十分も待つのは本当に大変なので、上手く使いこなせばとても良いサービスですよね。

ただ私たちが行った日は、お昼過ぎに行ったときにはその日のすべての発券が終了していて利用できず…。

入場してからすぐに向かえば良かったなと後悔しました。

このエリアで私たちが乗ったのは

  • エルモのリトルドライブ
  • エルモのゴーゴースケートボード

です。

エルモのリトルドライブ

エルモのリトルドライブは3歳~5歳までの小さな子供が、1人でゴーカートに乗るアトラクションです。

一度に参加できる人数は7~8人ほど。

子供だけが車に乗り込み、保護者はコースの外から応援をします。

順番が来ると、すぐに子供は車の方へ、保護者はコース外へと案内されます。

子供の近くで見ているわけではないので、どう操作をしているのかは分かりませんが、おそらく足の部分に踏むタイプのアクセルボタンがあるようで、自分で踏み込まないと車が進まない仕組みのようです。

足でボタンを押しながら、ハンドルを動かします。

ゴーカートと言っても、あらかじめ中央にレールがあるようなコースではなく、自分がハンドルを動かせばその通りに車が進むので、小さな子はほとんど壁や他の子の車にクラッシュしていました。

それはそれで見ていて微笑ましい姿ですが、クラッシュして動かなくなった車を救助しに行くのはスタッフさんなので、本当に大変そうです。

少し進んではまたクラッシュ、おかしな方向へ走って行ってしまう車もたくさんいるので可愛いですし、見ているだけで本当に面白いですよ。

エルモのゴーゴースケートボード

エルモのゴーゴースケートボードは保護者がいれば92cm以上、子供だけだと122cm以上の身長があれば乗ることが出来る、小さいバイキングのような乗り物です。

傍から見ていると、それほど上がる高さもありませんし、ユラユラ左右に揺れているだけなのかなというイメージがありましたが、実際に乗ってみると結構な浮遊感があります。

我が子も、揺れがMaxになると顔が引きつってしまい、気持ち悪そうな顔をしていましたし、同じくらいの年齢の子の中にも泣いてしまっている子がたくさんいました。

子供向けアトラクションではあるものの、大人でも十分楽しめる内容です。

まとめ

子供を連れてのUSJデビューは日にち選びだけが失敗してしまったという点が大きかったものの、これも良い勉強だったと思っています。

ほとんど乗り物も乗れず、歩くことも本当に大変なくらいの混雑ぶりでしたが、雰囲気を楽しむことは出来ていたと思います。

次は平日や混雑しない土日を選んで再チャレンジしたいと思います。

【実録】子連れでディズニーデビュー!持ち物・便利だったサービスなどをママ目線でレポートします!

2018年12月21日

我が家の子連れディズニーランド立ち回り術!おすすめアトラクション、レストランなど教えます

2018年12月14日

【行ってみた】子連れ(1歳児)でグアム旅行体験記!泊まったホテル、観光スポットの感想などをレポートします

2018年4月7日

子供と一緒にアンパンマンを堪能しよう!我が家流アンパンマンの楽しみ方まとめてみました

2017年9月4日