産後ママの時短・節約美容法!育児しながらキレイを保つ工夫をシェア!

The following two tabs change content below.
misakichi

misakichi

2015年生まれの息子、マイペースな夫と3人でのんびり暮らしています。「楽に楽しく」が我が家の子育てのモットーです。子育てを通して気がついたこと、学んだことをシェアし、私を含めたママ達が楽しく子育てできればいいなと思っています。

こんにちは!ママテク(@mamateku)ライターのmisakichiです(^^)

今回は子育てと美容の両立についてレポートしたいと思います!

「美容」と聞くと・・・

  • 高い基礎化粧品
  • 時間をかけたメイク
  • 毎月の美容院

こんな風にお金や時間をかけてキレイにしているイメージが強いですよね。

しかし育児をしているとお金はもちろんのこと、時間をかけることもなかなか難しいですよね。

そこで今回はお金も時間もあまりかけずに、育児しながらでもできる「シンプルな美容」をレポートしたいと思います(^^)

子供が生まれてから変わったことは「時間」と「お金」

子供が生まれてから劇的に変わったことは、ずばり「時間」と「お金」!

常に子供につきっきりで、メイクに長い時間を割けなくなり、月1回通っていた美容院にも頻繁に行けなくなってしまいました…。

お金の面でも変化があり、子供が生まれてから私は仕事を退職したので、夫の稼ぎだけで生活するようになりました。そうなると、家計はカツカツ‥自分にお金を使っている場合ではない!と思うようになりました…(汗)

それでもやっぱりメイクはしたいし、少しでもキレイなママでいたい気持ちはあります。

そんな状況で生み出した「お金と時間をかけずにキレイを保つ方法」を紹介したいと思います(^^)

産後ママの時短・節約美容法【基礎化粧品編】

独身時代や子供が生まれる前は、高価な基礎化粧品を買い揃え、化粧水ブースター、化粧水、乳液、美容液、ナイトクリームなどなどたくさんのアイテムを使っていました。

子供が生まれてからは、「時間」と「お金」の影響で、そんなスキンケアの仕方がガラリと変わりました!

【スポンサードサーチ】

①アイテム数を減らした

朝やお風呂上がりのスキンケアは子供を待たしているので、以前のようには時間がかけられませんでした‥。

時間がない中でも、頑張って持っているアイテムを全て使っていたのですが、なぜか肌荒れするようになってしまいました(汗)

「今までと同じアイテムを使っているのに、どうして肌荒れするんだろう?」と不思議に思っていたのですが、ふと気がつきました。

短時間で数あるアイテムをつけようとするあまりに、スキンケア方法が以前に比べて適当になっていたのでした(汗)

きちんと肌にアイテムが馴染まないうちに次のアイテムをつけていたので、肌に浸透せずベトベトのまま‥これが肌荒れに繋がっていたようです(^^;)

使ったか使っていないのか、わからないくらいの使い方なら、多すぎるアイテムを見直し、減らしてみることにしました!

きちんと肌にぬれていなかったものの、一気にアイテムを減らしてしまうのは心配だったので、初めは化粧水ブースターをやめて‥ナイトクリームをやめて‥と肌の様子を見ながら、1つずつアイテムを減らしていきました。

どんどん減らしていき、たくさんあったアイテムが「化粧水」と「乳液」だけになりました。
現在はたった2つのアイテムですが、肌トラブルはほとんどありません(^^)

そしてアイテムが減った分、短時間でも丁寧にスキンケアできるようになりました(^^)たくさんのアイテムを使っていた頃より、不思議なことに肌のキメが細かくなったので、アイテム数より、丁寧なスキンケアの方が肌に効果があるのかなと思っています。

アイテム数を減らしたことで、金銭的にも負担が減ったので、みなさんも手持ちの基礎化粧品を見直してみてはどうでしょうか?

②身近な基礎化粧品にチェンジ

以前は基礎化粧品をわざわざ百貨店に買いに行っていました。

しかし産後は近所のスーパーでも子供を連れて行くのは大変なのに、遠方の百貨店に行くのはもっと大変!

そこで、基礎化粧品を近所のドラッグストアで購入できる物に変更することにしました。

ドラッグストアで販売されている基礎化粧品は、安価な物が多く金銭的にとてもありがたいのですが、今まで使ったことのない新しい基礎化粧品は肌に合わないかも?と少し不安もありました。

そこで、たくさんのサンプルやトライアルキッドを使って肌に合うものを探すことにしました。

ただ1回だけサンプルを試すだけではなく、気に入った物は1週間続けて使い、肌荒れしないか確かめてから購入することにしました。

じっくりと選んだので、かなり時間はかかってしまいましたが、そのおかげで肌に合うお気に入りの基礎化粧品を見つけることができました(^^)

ドラッグストアで買えるおすすめの基礎化粧品

エリクシール シュペリエル リフト モイストローション(化粧水)

こちらは「さっぱり」と「しっとり」の2種類ある化粧水です。私は乾燥肌なので、しっとりタイプを使っています♪

コットンで顔に馴染ませたあと、手のひらを使ってハンドプレスしながら肌に馴染ませることがポイントです♪丁寧に優しく行いましょう(^^)

詰め替え用もあるので、本体価格より1,000円程安く買えるのも嬉しいポイントです!

ちなみにコットンは、「シルコット うるうるコットン」がおすすめです。

このコットンは、通常の1/2の量の化粧水で肌に潤いを与えることができるのでとてもおすすめです(^^)

いつも使っている量の半分で済むので、化粧水が長持ちして、コスト削減できますよ♪

エリクシール シュペリエル リフトモイスト エルマジョン(乳液)

こちらは、「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の3種類ある乳液です。ミルクタイプの乳液ですが、化粧水の同じようにコットンを使って肌に馴染ませます!

その後、肌を包み込むように、ハンドプレスして肌に馴染ませることがポイントです(^^)乳液も丁寧に優しく行うことが大切ですよ♪

乳液は手でつける人も多いと思いますが、資生堂の基礎化粧品は乳液でもコットンを使って馴染ませることを推奨しています。

コットンは、化粧水と同じ「シルコット うるうるコットン」を使っています。化粧水のように1/2だけでは少し物足りないので、渡しの場合は通常2/3の量がちょうど良いです。

少しの量しか節約できませんが、それでも1ヶ月分の量を1ヶ月半くらいもたせることができます(^^)

産後ママの時短・節約美容法【メイク編】

①まつげエクステを卒業した

私は元々メイク用品にはそれほどお金をかけていなかったので、使っているメイクアイテムを変更することはありませんでした。

ですがまつげエクステサロンには通っていたので、産後はお金も時間もかかるまつげエクステを思い切って卒業することにしました。

まつげエクステをやめたら、前と見た目が変わって夫や友達に何か言われるかな?と心配でしたが、夫はまつげエクステがなくなっても全く反応なしでした(^^;)

友達に関しても、まつげエクステなしのマスカラを使ったアイメイクを見て、「ママになってもまつげエクステに通っていてすごいね!」と褒められたので、まつげエクステとマスカラには大差はないことを思い知らされました。

お金と時間を費やしていたまつげエクステは自己満足だったのかもしれませんね(^^;)

まつげエクステに間違われたマスカラ

おすすめのマスカラは、オペラから発売されている「オペラ マイラッシュ」というマスカラです♪

1度塗るだけで、まつげがすっと長くなる優れものです(^^)1回塗りは長さはでますが、ボリュームはそこまででないナチュラルな仕上がりに。2回塗りすると、長さにプラス、ボリュームが。

私はまつげが細いので2度塗りしています。滲みにくく、泣いてもパンダ目になったことはないので、とても優秀なマスカラだと思います!

お湯で簡単に落とすことができるので、メイク落としに時間がかけられないママにおすすめです(^^)

②短い時間でメイクする

朝早起きして、子供が寝ている間にメイクすれば良いのですが、早起きが苦手な私はあまり早く起きることができません…。

そのためメイクする時は、朝ごはんを食べたあと、子供が1人で遊んでいるうちに、ささっとメイクをしています。メイク道具に興味津々で、メイク中に邪魔されることもありますが、
「マスカラくださーい!」
「鏡とってくださーい!」
とお店屋さんごっこをしながら、なんとか子供と共存しながらメイクをしています(^^)

お店屋さんごっこをしながらメイクができると言っても、そこまで時間を割くことができないので、短い時間でメイクを仕上げるように心がけています。

早くメイクを仕上げるコツは、何より素早く手を動かすことです。スキンケアは丁寧にすることが肌にとって大切ですが、メイクは「丁寧さ<手早さ」かなと思っています。

下地やファンデーションは、肌の負担を考えて丁寧に優しくしますが、アイメイクは手早く手を動かしさっと済ませるようにしています(^^)

そして、毎日同じ方法でメイクすることが最大のポイントです!毎日同じ方法だと、手順に慣れて、より素早く手を動かすことができます。いつも同じメイクではつまらないので、結婚式など特別な時は少しメイクの仕方を変えるといいかもしれませんね♪

ちなみに普段のメイクは、ファンデーション、眉、アイメイク(アイシャドウ、アイライン、マスカラ)です。アイメイクに少し時間を使う分、チークと口紅はしていません。

以前はメイクに30分から1時間がかかっていましたが、今は10分から15分くらいで済ませられるようになりました(^^)

産後ママの時短・節約美容法【ヘアケア編】

①地毛に近い色にカラー

以前は月1回は美容院に通っていたのですが、子供が生まれてからは子供につきっきりで、なかなか美容院へ行けず、髪の根元はプリン状態のまま。

鏡を見るたびに「早く美容院に行きたいな」と思っていました。

なかなか自分が行きたいタイミングで美容院に行けないので、思い切って髪を地毛に近い色に染めてもらい、そのまま髪を地毛にもどすことにしました(^^)

地毛に近い色にカラーしてもらったので、伸びてきてもプリン状態にならずになんとか地毛に近い状態に戻すことができました!

現在は先端に少しカラーが残っていますが、根元やサイドは完全に地毛になっています♪

地毛にするメリット
  • カラーによるダメージが減る。
  • 髪がツヤツヤになった。
  • 頻繁に美容院へ行かなくても良い。
  • コスト削減になる。
地毛デメリット
  • 白髪が目立つ。

年齢も年齢なので、少しずつ白髪がでてくるようになりました(汗)

まだまだ白髪染めしなくてもイケると思っていますが、あまりにも目立つようになってきたら、髪を染めようかなと思っています!それまでは、地毛の黒髪を楽しみたいと思います(^^)

地毛はカラーをした華やかさはありませんが、美容院にいかなくてもプリン状態にならずに常にキレイな状態を保つことができるので、なかなか気に入っています♪

また、以前はカラーのダメージを軽減するために、美容院で使われているような1本5,000円もするシャンプーを使っていましたが、地毛になったので、ドラッグストアで売られている1,000円以内の安価なシャンプーに変更しました(^^)

地毛にすることで美容院のコスト削減とシャンプーのコストを抑えることができました♪

②コテを使わないソックバンで巻き髪を!

私は髪を巻くのが好きなのですが、コテを毎日使っていると痛んでバサバサになってしまいます‥。

髪がバサバサになってくると、以前は美容院でトリートメントしたり、毛先を切って整えてもらっていたのですが、現在は美容院へ行く回数を減らしているので、なるべくコテは使わずに髪が痛まないように心がけています。

コテを使わずに巻き髪ができたらいいなと思い、ネットでいろいろ調べたところ、寝ながら巻き髪を作る方法がたくさんありました!

その中でも“ソックバン”というお金も時間もかけずに巻き髪を作る方法に目が止まりました。

“ソックバン”とは、長い靴下の足先を切って、クルクルと巻いてドーナツ状にした物です。

頭の高い位置でポニーテールを作り、髪の先端をソックバンドに巻きつけて、頭上に向けてクルクルと巻き込んでいくと、自然と頭部でお団子を作ることができます。

そのまま寝て朝にお団子をほどくとクルクルの巻き髪になっているという仕組みです。


私も試して見たのですが、お団子をほどいたあと、髪がうまくまとまらないのと、お団子をして寝ると首が凝ってしまうのが難点で私にはむいていませんでした‥。

そこでソックバンを真似して、少し違う方法を考えてみました。

私の考えた方法は、ポニーテールではなく、サイドに2つに分けて結び、左右それぞれをソックバンに巻きつけるという方法です。根元まで巻き込んだら、崩れないようにゴムで留めて完成です(^^)

写真で見るとわかるように「卑弥呼様ー!」状態で寝ています(笑)一見寝にくそうに見えますが、耳元より少し下の方で2つに結ぶことで、横を向いてもわりと気にせず寝ることができています♪

朝起きたらほどき、ワックスを使いながらほぐします。十分にほぐすとクルクルになりすぎずユルユルの仕上がりになります(^^)上からケープを軽くかけたら完成です!

この方法だと髪を傷めることなく毎日巻き髪を作ることができますよ♪

ソックバンを外してほぐすだけなので、コテより短い時間で巻き髪を作ることができるので、朝から忙しいママにおすすめです (^^)

産後ママの時短・節約美容法【その他】

その他にキレイを保つために私が心がけていることをご紹介します。

①睡眠をしっかりとる

ニキビができてしまうと、治すためにアイテムが増えてしまうので、なるべくニキビができないように、睡眠をきちんと取るように心がけています(^^)

睡眠不足になると、女性ホルモンが乱れてしまい、その影響でターンオーバーが不調になると言われています。

ターンオーバーが不調になると、新しい肌が再生されにくくなり、肌に角質が溜まりニキビの原因となってしまいます。

そのため、睡眠をしっかりとることは肌にとってとても大切なことなんです。

子供の世話をしていると、毎日早く寝ることは難しいですが、早く寝られる時はなるべく早くベッドへ行くようにしています♪

②ほうれい線を作らない

ほうれい線があると一気に老けて見えてしまうので、少しでもキレイなママでいるために、ほうれい線をなるべく作らないように心がけています。

実は、ほうれい線は、頬のたるみが原因だけではなく、肌が乾燥することでもほうれい線ができる場合があるそうです。

昨日はほうれい線なかったのに、今日はほうれい線が気になるというママは、乾燥が原因でほうれい線ができてしまっているかもしれません。

私はもともと頬が乾燥しやすく、日によってほうれい線が気になる時があるので、スキンケアは保湿性の高い「しっとりタイプ」を使うようにしています(^^)

頬のたるみによるほうれい線は、口の内側からケアすると良いそうです。

口の中で、ほうれい線がある部分を、舌を使って押し出すようにグリグリするとほうれい線が薄くなります。私は眠れない時などに、舌を動かしてほうれい線ケアをしています(^^)

お金がかからない方法なので、ひまな時にぜひ試してみてください♪

まとめ

お金をかければ、もちろんキレイになれますが、お金をかけなくても、ちょっと気をつけて丁寧にスキンケアしたり、十分な睡眠をとることで、キレイな肌を保つことができると思います。

また思い切ってカラーをやめて地毛にしたり、コテを使わないようにすることで、髪もキレイを保つことができると思います。

シンプルな方法ですが、少しでもママのキレイに繋がれば幸いです(^^)

産後ママ(私)のリアルな洋服難民事情!産後洋服難民にならないためにしておくべきこと!

2018.07.15

産後手荒れ問題。ハンドクリーム、ハンドソープあれこれ試してみた中で私のおすすめを紹介!

2018.06.07

【体験談】子育てで忙しくても出来る時短スキンケア・メイク・ファッション術!ママになってもおしゃれを楽しもう!

2018.02.11

【体験談】産後の抜け毛、白髪のヘアケアに!実際に私が使ってみて良かったもの・これから試したいものを紹介します!

2017.12.25