一時保育ってどんな感じ?リフレッシュ目的で使っていい?利用してみた感想をレポートします!

The following two tabs change content below.
ChiKa

ChiKa

2歳と6歳の姉妹の母親をやっています。毎日姉妹に翻弄されていますが、ナイスなおかんを目指して日々頑張っております。趣味は人間観察ですが、その姿をよく知り合いに観察されています…ちょっとマヌケですが、宜しくお願いします。

ママテク(@mamateku)ライターのChiKaです。

子供が幼稚園に入園するまでは、ママは基本的に24時間365日子供とずっと一緒ですよね。

日中のお世話はもちろん、夜の寝かしつけや夜泣きのお世話など身も心も完全に休まることはありません。

そんな生活をしていると

  • 子供は大好きだけど…少しだけでもいいから離れて休憩したい
  • 自分1人だけの時間がほしい
と思うこともあるでしょう。

私も2人の娘がいますが、上の娘が幼稚園に入園するまではかなり育児に疲れていて、ノイローゼのような状態になったこともあります。

大好きな我が子に笑顔が向けられないのは自分でもホントにショックでした。

一時期、仕事(パート)をすることで保育園を利用し上の娘と離れることができましたが、1年ほどで夫の転勤のため退職&退園を余儀なくされ、結局また前の状態に逆戻り…。

引っ越し先で求職していたのですが、その間に下の娘の妊娠が判明したので、就職は断念しました。

そして妊娠中(つわり)・上の娘のイヤイヤ期・引っ越したてで不慣れな環境というツラい3拍子がそろったせいか、私の育児疲れは過去最大となっていしまいました。

このままではストレスフルになって体調を崩したり、ノイローゼになったりするのも時間の問題…。

そんなときに私を救ってくれたのが「一時保育」でした。

【スポンサードサーチ】

今回は、育児にお疲れで一時保育が気になっているママさんのために、一時保育とはどんな感じなのかをお伝えしていきたいと思います。

我が家が利用してみた感想や体験談もご紹介しますので、よかったら参考にしてみてください☆

一時保育はリフレッシュしたいママにこそオススメ!

上の子の場合、最初にお世話になった保育園には一時保育を利用することなく一般のクラスに入園したので、一時保育について考えることはありませんでした。

仕事の日は保育園に登園させて、私の仕事が休みの日は一緒に保育園をお休みさせたり(「親が休みなら子供と一緒に過ごしてほしい」というのが園の方針でした)と、一般的な保育園生活を送っていました。

仕事と育児のバランスがとれており、「この状態がベスト」と考えていました。

ですが、冒頭でもお話したように夫の転勤のため退職&退園をすることになり、新しい土地で再び就活や保活をしていた中での下の子を妊娠。

妊娠中なので新たな仕事を始めるわけにもいかないので、仕事探しや保育園入園は断念することに…。

こうしてまたストレスをためる一方の生活に戻り、どうしたものかと思っているときに、上の子がかつて通っていた保育園に「一時保育」があったことを思い出しました。

実際に利用したことはなかったのですが、一時保育というシステムがあったことは知っていたので「家の近くの保育園でもやっているかもしれない」と思ったのです。

そして調べた結果、家の近くの保育園でも一時保育をやっていることがわかりました。

今すぐにでも一時保育に申し込みたい気持ちはありましたが

ChiKa
  • 仕事を探している人じゃないと無理じゃない?
  • 用事があるわけでもないし、自分のリフレッシュのだめだけに利用してもいいのかな?
という考えがよぎり、せっかく一時保育がある保育園を見つけたのになかなか話を聞きにいくことができませんでした…。

もし「自分の休憩のために一時保育に出すなんて!」と断られるのが怖かったのです。

でも実際は一時保育を利用させてもらったどの保育園も、とてもあたたかかったです。

リフレッシュ利用、大歓迎ですよ!
美容院に行きたいという人から1人でゆっくりしたいという人まで、リフレッシュで定期的に利用されている人はたくさんいますよ。
と優しく受け止めてくださいました。

最初は「特に用事がなくても一時保育を利用してもいいのか」ということを聞くのに勇気はいりましたが、まったく問題ありません!

育児や家事でお疲れのママは、ぜひ一時保育を利用してリフレッシュしちゃいましょう(^^)

我が家の一時保育体験談!利用してみた感じをご紹介!

夫の転勤のため、引っ越した先の新しい我が家の近くには、2つの保育園がありました。

家にもっとも近い保育園はA、その次はBとあったのでその2ヶ所の一時保育を利用したことがあります。

最初は「近いから」という理由で、A保育園の一時保育にお世話になりました。

下の子が産まれたら上の子が幼稚園に行っている間に仕事をしたかったので、その際に下の子を入れる保育園探しをするために、家から2番目に近いB保育園の一時保育も様子見のために利用してみました。

ここではその2ヶ所の保育園での一時保育体験談や利用した感じをご紹介していきたいと思います!

A保育園の場合

利用時間9時から17時までの8時間
(1時間単位での利用も可)
一時保育利用料0~1歳児…約5,000円
2歳児…約4,000円
3歳児…3,000円
※離乳食が完了している子は給食&おやつアリ

A保育園はこじんまりとした保育園で、0歳児から5歳児までの未就学児がおよそ20人在籍していました。

先生はベテランばかりで、とてもアットホームな雰囲気。

最初は園に「一時保育を利用したい」ということを伝えてから、面接の予約を取りました。

「一時保育なのに、面接いるの?」と思いましたが、

一時保育利用登録の書類の記入などが必要なので、よほど緊急の場合ではない限りは一時保育利用日までに1度園に足を運んでもらうようにしている。
と先生は言っていました。

書類記入は滞りなく進み、その後は上の子の好きなものや好きな遊び、アレルギーの有無などを簡単にヒアリングを受けました。

これらが終わり、無事に一時保育のメンバーとして登録!

まずは数日後の私の妊婦検診の日に一時保育を…と思い、その場で一時保育の予約を取りました。

上の子は当時2歳ちょっと過ぎたくらいで、まだトイトレは途中でしたので、替えのパンツを多めに持ってくるように指示をされました。

そして一時保育当日。

別のところとはいえ過去に保育園に通っていたこともあり、登園は意外とスムーズにできました。

初めて利用する保育園なのでちょっと不安はありましたが、数日前に利用登録の書類を書くときに訪れているので、上の子も「あ、ここね」という感じですんなり受け入れることができたようです。

この日の利用時間は、9時から13時まで(給食アリ)お願いすることにしていました。

妊婦検診に検診に行くとはいえ、久々のお1人様タイムはとても快適!
泣かずに登園してくれたのもあって、かなり気持ちが軽かったです。

検診を終え、軽くランチを1人でとってから10分前くらいにお迎えへ。

保育園のドアを開けると、同い年くらいの在籍児の女の子と遊んでいました。

先生にその日の様子を聞くと、朝は1時間くらい恥ずかしそうにしていたけど、工作などを始めるととても楽しそうに作成に参加していたようです。

給食の時間も楽しく過ごせていたようで、残すことなく完食。

かなりエンジョイした5時間だったようです。

上の子との相性がとてもいい保育園だったので、その後幼稚園に入園するまでの間に何回も利用させてもらいました。

元々一時保育の料金が高い上に、月齢が低いほど料金が高いのがネックでしたが、自身のリフレッシュのことを考えると痛いとは思いませんでした。

また、朝の8時半までであれば当日の一時保育でも受け入れてくれるのはとても助かりました。

当時は妊娠中で体調が優れない日や精神的にも落ちる日も多く、朝起きて「今日はダメな日だ」と感じた時は、夫に事情を話して当日の一時保育に出す日もありました。

料金面はちょっと高めでしたが、融通がとても利く保育園でしたので、体調や心が本当にしんどいときの「精神的な駆け込み寺」、いつでもリフレッシュすることができる「心のお守り」として長く愛用させてもらってました。

ちなみにそのおよそ2年後、下の子もこのA保育園の一時保育を利用し、その後入園して1年間だけ通ったのですが、とてもいい保育園でした。

B保育園の場合

利用時間9時から17時までの8時間
(1時間単位での利用も可)
一時保育利用料1歳~2歳…3,000円
3歳…2,500円
※離乳食が完了している子は、プラス500円で給食&おやつアリ

下の子が産まれて上の子が幼稚園に入園したあと、「そろそろ仕事がしたいな」と感じた私は、下の子の保育園探しをすることにしました。

上の子の一時保育でお世話になったA保育園に即決してもよかったのですが、1つだけ別の保育園も見てみようと思い、家から2番目に近いB保育園に目をつけました。

まずは一時保育を利用してから色々考えることに。

一時保育までの手順はA保育園をほぼ同じような感じでした。

書類記入や説明を聞きに行くためにB保育園を訪れたときには、そのキレイさにとても驚きました!

A保育園が汚いというわけではないのですが、B保育園は園舎の改装直後だったのでキレイさには叶いません。

園庭も広く、おもちゃや遊具も充実していたので「子供はかなり楽しめる保育園だろうな」と感じました。

先生は若い先生が多く、どの先生も元気はつらつでしっかりとしていて、安心して子供を任せられそうな空気でした。

そしてA保育園と同じように書類記入やヒアリングを受けて一時保育の登録完了。

すぐに一時保育をお願いしてみようと思い、一時保育枠が空いている直近の日で予約をお願いして帰宅しました。

そして一時保育当日。

下の子にとって初めての一時保育だったので「泣くかな…」と思っていましたが、思いのほか騒がずに保育園に到着。

私の手をギュッと握っていましたが、キレイな園舎や豊富な遊具に興奮していたので、その隙に一時保育担当の先生に子供の体調や今朝の様子を伝えて、そそくさと帰宅しました。

この日は用事があったので、9時から16時までお願いすることにしていました。

「初一時保育で長すぎるかな?」とちょっと不安に思うところもありましたが、とても好感が持てる保育園だったので思い切ってお願いしました。

お迎え時は、下の子は一時保育を楽しみすぎて帰るのをとてもしぶっていました…

先生にその日の様子を聞くと、まるで昔から通っている園児のようにのびのびと過ごしていたとのことでした(^^;

初めての給食もパクパクと食べ、おかわりをする始末…

いつもはお昼寝をさせようとすると遊んだりふざけたりするのですが、一時保育でのお昼寝は「みなさん、お昼寝ですよ」と先生がひと声かけただけであっさりと眠ったというではありませんか…!

最後にこの日の保育料を先生に支払い、領収書を発行してもらい、帰宅。

むちゃくちゃ楽しんできた下の子は「明日も行く!」とずっと言っていました(笑)

その後も何度か一時保育を利用させてもらいましたが、一時保育の料金もお安く、園舎もキレイで、先生たちもいい人ばかりというかなりステキな保育園だったため、一時保育の競争率は高く、思うように予約を取ることはあまりできませんでした。

B保育園では、利用したい日の1ヶ月前から予約が可能になるのですが、その1ヶ月前当日に予約申し込みの電話をしても予約が取れないなんてこともよくありました。

あとから知った話なのですが、一時保育をフル活用しながら仕事をされている人も多く、B保育園ではそのようなご家庭を優先的に一時保育枠に組み込んでいたそうです。

確かにリフレッシュ利用よりも仕事のための利用の方が優先度が高いのはわかりますが…。

事前にその説明がなかったため、

ChiKa
  • 1ヶ月前の朝イチで電話しているのに予約が取れないのはナゼ?
  • リフレッシュではなく本当に大切な用事があるときに一時保育を入れようにも、予約が取れる取れないのムラが多いとアテにできないな…
とモヤモヤするところもありました。

そのため、自然と比較的融通が利くA保育園の方に一時保育をお願いすることが増え、そのまま入園…ということになりましたが、予約が取りにくいということ以外では、B保育園もとてもいい保育園でした。

重要な用事があって「●月●日は絶対に一時保育をお願いしたい」というときには向きませんが(予約を取れる確率が低いので)、予約を断られても支障がない、単純にリフレッシュしたいというときなら問題なく利用できていました。

一時保育を利用する前に確認しておきたいこと…それはズバリ「お金」のこと!

一時保育はママのリフレッシュ目的で利用することもできるとてもステキなシステムです。

出来ることなら定期的に利用したいと思うママも多いでしょうが、一時保育を利用する前には「費用」についてよく確認しておく必要があります。

一時保育はスポット利用なので、利用料金が少し高めに設定されているところが多いです。

私が利用していたA保育園は、この近辺での保育園の一時保育料のなかでも特に料金設定が高めでした。

1回きりで利用するのであれば多少高くても割り切れるかもしれませんが、これからもマメに利用したいとなれば料金面はかなりシビアに見ておくことをおすすめします。

せっかくリフレッシュする時間を手に入れても、お金の負担が大きすぎると心からリラックスすることができませんよね…(T_T)

  • 自分が納得できる金額であるか
  • これからも利用し続けてもいいと思える金額であるか
をよく考えてから一時保育を利用するようにしましょう。

ちなみに一時保育の平均的な利用料金は、お住まいの地域や子供の年齢などによっても異なりますが、だいたい2,000円から6,000円ほど。

1日決められた時間内であれば、1時間だけの利用でもフル利用でも何時間利用しても定額だという保育園もあれば、1時間●●●円と決まっている保育園もあります。

基本的には子供の年齢が高ければ高いほど、保育料はお安くなります(保育園によっては、年齢が高い子は低い子よりも主食費やおやつ代を数百円ほど多く徴収することもあります)

一時保育で心からリフレッシュするためにも、色んな方向から一時保育にかかるお金についてをしっかりと調べておくようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

保育園の性質を考えると「リフレッシュ目的の利用はダメ」と思ってしまう人もいるでしょうが、一時保育の場合はリフレッシュ目的でもまったく問題ないことがお分かりいただけたことかと思います(^^)

私はずっと心のどこかで

ChiKa
働いてないのに保育園を利用しちゃいけない。
ラクするために保育園に頼ってはいけない。
と思っていたのでなかなか一時保育に踏み切れませんでしたが、利用してみたらとても快適で温かい場所であることがよくわかりました。

一時保育の利用の流れをまとめると、

  1. 「一時保育を利用したい」という電話を保育園に入れる
  2. 一時保育までに園へ出向いて書類の記入やカンタンな面談を受ける
  3. 一時保育スタート(登園時はその日の子供の体調や機嫌などを軽く伝える)
  4. お迎えのときに料金を支払って一時保育終了
といった感じで、とてもカンタンです(初回利用以降は2は飛ばす)

「煩わしい手続きがあるのでは?」と思って一時保育に踏み切れない人は、そんなことはないのでまずは一度保育園に電話をしてみてくださいね。

一時保育は子育てで疲れているママにとっては本当に仏のような存在です。

一時保育でしっかりとリフレッシュして、今よりももっと楽しい子育てができるといいですね(^^)

【体験談】慣らし保育3つの心得!実体験をもとに乗り切り方を教えます

2019年1月4日

【一時保育デビュー】気になる料金・持ち物・預けられる理由など詳しくレポートします!

2018年12月23日

【体験談】一時保育に預けて外出中にトラブル発生…お迎えに行けない!もしもの時のためにやっておくべき5つのこと

2018年10月23日

後悔しない保育園選びのポイントは?3つの保育園を経験した私が思う重視すべき点をご紹介!

2018年8月6日